視野欠損ナビ【看護・介護サポート】

眼球とは

眼球は、前後径が24mmくらいの球状の臓器で、
「外壁」と「内容」に分けられます。

 

外壁: 外側から外膜(がいまく:黒目を覆っている角膜と強膜)、
   中膜(ちゅうまく:虹彩、毛様体、脈絡膜)、内膜(網膜)という
   3層からなっています。

 

内容: 水晶体、硝子体、房水があります。

ものが見える仕組み

人の眼は、カメラと同じような仕組みになっています。

 

フィルターとレンズに相当する角膜と水晶体から光が入ると、
その光は硝子体を抜けて、カメラのフィルムに相当する網膜に達します。

 

網膜では、光を電気信号に変えて視神経を介し、
脳に刺激が伝わります。

 

また、カメラではしぼりにあたる部分、角膜と水晶体の間にある虹彩で、
眼に入る光の量が調整されていて、
虹彩の中央には瞳孔があります。

 

人がモノを見ることができる眼の仕組みは、このようになっています。

網膜のしくみ

脈絡膜の内側にある「網膜」は、0.1〜0.3mmのとても薄い膜です。

 

網膜は、明暗や色を感じ取ることができ、
物を見るために最も大切な部分ですが、
とても柔らかく、はがれやすいという特徴があります。

 

・眼底

 

眼を正面から覗いたときに見える眼球の奥にある網膜を「眼底」といいます。

 

・黄斑

 

眼底には、中心部で視細胞が集中している黄斑があります。

 

黄斑の中心部は網膜が特に薄くなっていて欠陥もなく、最も視覚が敏感です。

 

この中心部を中心窩といいます。

 

・視神経乳頭

 

黄斑よりも少し内側(鼻川)の眼底にあるのが視神経乳頭です。

 

視神経乳頭は、網膜上の視細胞につながる神経線維が集まっている部分で、
網膜に届いた光の情報は、この部分から脳に送られ、映像になります。

 

また、視神経乳頭は、網膜内の血管の集合点でもあり、
この部分から、網膜全体へ、網膜中心動脈、網膜中心静脈が広がっています。

 

・錐体と杵体

 

網膜に広がる視細胞は、錐体と杵体に分けられます。

 

錐体は、中心窩にたくさんあって、明るい光を受けて働き、色を認識しています。

 

杵体は、中心窩を取り巻くように網膜周辺部にたくさんあり、暗い場所でも働きます。

 

このように網膜は、モノを視るためにとても大切な働きをしています。