視野欠損ナビ【看護・介護サポート】

網膜剥離とは

神経網膜(網膜の内側9層)と網膜色素上皮(網膜の外側1層)が、
なんらかの原因ではがれてしまう状態のことを「網膜剥離」といいます。

 

厳密には、網膜全体がはがれるというのではなく、
網膜が分離すると言ったほうが分かりやすいでしょう。

網膜剥離の種類

網膜剥離には、「裂孔原性網膜剥離」と「非裂孔原性網膜剥離」の2種類に分けられます。

 

このうち、多くみられるのは、「裂孔原性網膜剥離」です。

 

「裂孔原性網膜剥離」は、網膜に孔が開いてしまい、
眼の中にある液化硝子体(水)がその孔を通り、
網膜の下に入り込むことによって発生します。

 

網膜に孔が開く原因としては、老化、網膜の萎縮、外傷、強い近視などがあるといわれています。

 

発生年齢は、どの年代にも起こりますが、特に多いのは、20歳代と50歳代です。

老化による網膜剥離が起こるしくみ

通常、眼球の内部は硝子体というゼリー状の組織で満たされています。

 

しかし、年齢と共に硝子体は少しずつサラサラした液体に変化し、
容積が減ってきます。

 

すると、硝子体の網膜が離れ、隙間ができます。

 

この現象を後部硝子体剥離といいます。

 

後部硝子体剥離の状態は、問題はありません。

 

ですが、硝子体と網膜が強くくっついていたとき、
または網膜が弱くなってたとき、
収縮する硝子体に引っ張られ、網膜に孔が開いてしまうことがあります。

 

このように孔が開くと「網膜剥離」が発生します。

強い近視による網膜剥離が起こるしくみ

20歳代の若者などでも、網膜剥離になる人がいます。

 

若い人が網膜剥離になるのは、外傷や強い近視が原因になります。

 

強い近視の人は、眼球の長さ(奥行き)が普通よりも長いので、
眼球の壁画薄くなり、
網膜にも薄く変形した部分ができることがあります。

 

このように薄く変形した部分に、丸い亀裂(円孔)ができてしまい、
網膜剥離が発生します。

 

また、スポーツ等で眼球打撲を受けると、急激に眼球が変形し、
亀裂が生じ、網膜剥離が発生します。

 

初めのうちは、剥離した網膜の範囲は小さいのですが、
時間と共に、徐々に範囲が拡大します。

 

しかし、孔が大きい場合は、一気に進んでしまいます。

 

剥離が進行すると、全ての網膜がはがれてしまい、
はがれた網膜には栄養が十分いきわたらなくなります。

 

この状態が続けば、徐々に網膜の動きが低下し、
手術によって網膜が元の位置に戻せたとしても、
後遺症として、見え方の回復が悪いという状態が残ることがあります。