視野欠損ナビ【看護・介護サポート】

網膜剥離の検査

網膜剥離が疑われるときは、「眼底検査」を行ないます。

 

この眼底検査は、網膜剥離が疑われるときの最も重要な検査で、
裂孔の有無や剥離の有無、剥離の範囲、硝子体の状態などが観察できます。

 

剥離の出血などで硝子体が混濁しているときは、
光を通さず眼底検査ができないため
超音波検査を行なうことができないので、超音波検査を行なうこともあります。