視野欠損ナビ【看護・介護サポート】

網膜剥離の症状

網膜剥離になると、早期、或いは前駆症状として、
飛蚊症(ひぶんしょう)や光視症が現れます。

 

徐々に症状が進行すると、視野欠損や視力低下、変視症などの症状が現れ、
最悪の場合は失明してしまいます。

 

・飛蚊症(ひぶんしょう)

 

飛蚊症(ひぶんしょう)は、黒や灰色の小さなゴミのようなものが、
視野の中で浮遊したように見える症状です。

 

蚊が飛んでいる様に見えるという人が多いですが、
くらげやリング、泡、細かいマメなどが見えるという人もいます。

 

この症状は、硝子体の混濁が存在するとき、
その混濁が網膜に影として投影されるために起こるものです。

 

硝子体の混濁が起きる原因はいろいろありますが、
網膜剥離に関しては、後部硝子体剥離が起きた部分が陰に見えたり、
網膜の裂孔や剥離が起きたときに生じた出血が陰になって見えるというものです。

 

・光視症

 

光視症は、実際に葉存在しないのに、
ピカピカと光が見えるように感じる症状です。

 

後部硝子体剥離が起こり、
網膜が硝子体に強く引っ張られた場合、
その刺激が光(視覚信号)賭して認識されるため、
ピカピカと光が見えるように感じるのです。

 

・視野欠損

 

見えている範囲の一部が、
黒いカーテンを掛けられたように見えなくなるという症状です。

 

はがれた網膜の部分が光を感じることができなくなるために、
このような症状が起こります。

 

剥離の範囲が広がってくると、見えない部分も徐々に拡大してきます。

 

・視力低下

 

網膜剥離が黄斑に及ぶと、モノがはっきり見えなくなり、
視力が極端に低下します。

 

・変視症

 

モノがゆがんで見えたり、大きく見えたり、
小さく見えたりする症状が変視症です。

 

私たちヒトは、通常両目でモノをみています。

 

ですから、視野欠損が多少あっても、その部分を健康なほうの眼が補うので、
症状に気が付かなかったりします。

 

すると、剥離がどんどん進行してしまって、
黄斑部分までいたってしまい、
時間が経ってしまえば後遺症が残ることもあります。

 

必ずしも初期の症状として、上記のような症状が現れるとは限りません。

 

ですが、このような症状があると訴える患者さんに対し、
「網膜剥離かもしれない。」と、
気づくことができるように知識として知っておくことが必要です。