視野欠損ナビ【看護・介護サポート】

網膜剥離の治療

レーザーによる網膜光凝固術、または網膜冷凍凝固術は、
裂孔や円孔だけの剥離に至っていない場合に行われます。

 

網膜剥離になっている場合は、
はがれた網膜を元の位置に戻す復位を行い、
裂孔を塞ぐ治療を行います。

 

この方法は、眼球の外側から行なうものと、
眼球の内側から行なうものがあります。

 

・眼球の外側から行なう手術「強膜内陥術・輪状締結術」

 

  網膜裂孔のある強膜の外側にシリコンスポンジを縫いつけ、
 眼球を内側にへこませて(内陥)剥離の隙間を埋めます。

 

  シリコンスポンジを縫い付けるだけでなく、
 眼球を輪状に縛り付ける場合もあります。

 

  さらに、裂孔・剥離部分の熱凝固や冷凍凝固を行ないます。

 

  網膜の下にたまった水が多いときは、強膜に孔を開けて水を排出します。

 

  眼内にガスや空気を入れたり、復位を促すことも、
 必要に応じて検討し行ないます。

 

・眼球の内側から行なう手術「硝子体手術」

 

  眼の中に、細い手術器具を入れて、網膜裂孔や剥離の原因となっていた硝子体を
 切除するという方法です。

 

  眼球内の液体を空気やガスに置き換え、
 剥離した網膜を密着させます。

 

  さらに、裂孔部分を凝固します。

 

網膜剥離の手術にはこのような方法がありますが、
いずれにしても術後は、患者さんに「うつぶせ体位」を保ってもらうことが必要です。

 

うつ伏せになると眼底が上になり、
網膜を抑えることができます。

 

臥床時は勿論の事、起座位、歩行時も常に頭は下向きに、
うつむいた状態に保つことが必要です。